宇沢弘文を読む―社会的共通資本から現代の課題を考える

  • SERIES

会期
日時
会場
定員
参加費
予約受付開始

ヒルサイドサロンの場所はこちら

スケジュール

1

2020年 9月30日(水)「社会的共通資本としての都市」 

槇文彦(建築家)×岡部明子(都市計画学者)

イベントページへ

1

2020年10月27日(火)「資本主義と闘った男――いまなぜ<宇沢弘文>か」

佐々木実(ジャーナリスト)

イベントページへ

1

2020年11月24日(火)  「生命誌から社会的資本主義を考える」

中村桂子(生命誌研究者)

2021年 1月19日(火) 「社会的共通資本としてのアート」

北川フラム(アートディレクター)

登壇者・講演者

1

槇文彦(まき・ふみひこ)

1

岡部明子(おかべ・あきこ)

佐々木実(ジャーナリスト)

1

中村桂子(生命誌研究者)

北川フラム(アートディレクター)